狛江の歯科、歯医者ならアップル歯科にお任せください。
HOME>入れ歯

入れ歯

あなたに合った入れ歯を選びましょう

虫歯や歯周病など、様々な歯の病気で失われた機能を義歯(入れ歯)により回復する治療です。
義歯には、失った歯の数や場所により、大きく2種類に分けられます

1. 全部床義歯
自分の歯が1本も残っていないために、すべてを入れ歯にしたものです。

2. 部分床義歯
部分的に歯が残っている場合は、残っている歯にクラスプ(留め金)という歯をつかむツメのような金属が付いています。

全部床義歯(総入れ歯)
全部床義歯(総入れ歯)
部分床義歯(部分入歯)
部分床義歯(部分入歯)






保険と自費の義歯の違い

1.レジン床義歯


保険が適用できる。


割れることがある。
床が厚いため、違和感が強い
熱伝導性がないため、温度の感覚が分かりづらい。
レジン床義歯


2. 金属床義歯


フレーム、クラスプ(留め金)が1体式の金属作成されているため、丈夫で壊れづらい。
熱伝導性がある
レジン床義歯に比べて、薄く、違和感が少ない


保険が適用されない。


コバルトクロム、チタン、etc
金属床義歯






義歯の種類

義歯の種類

コバルトクロム床

支えとなる床が金属(コバルトクロム)でできており、通常の義歯よりうすいので、違和感が少ないです。
熱伝導性がありお食事をよりおいしく感じられます。
コバルトクロム床

チタン床

コバルトクロム床と同様の高い装用感が得られますが、チタン床は軽さも備えており、より快適にお使いいただけます。 チタン床


コーヌスクローネ義歯(テレスコープ)

残っている歯の根に金属のキャップを被せて、そのキャップに被さる形で入れ歯を入れます。
入れ歯が口の中で動かなくなります。
歯で支える方式の取り外しのできる入れ歯です。
コーヌスクローネ義歯(テレスコープ)


オーバーデンチャー

残っている歯の根っこに、背の低い金属のキャップを被せ、その上に入れ歯をはめるもの。
金属のキャップに磁石を使ったものもあります。
オーバーデンチャー


ノンクラスプデンチャー
クラスプ(留め金)がない入れ歯です。金属がないので審美性に優れていうのが特徴です。 ノンクラスプデンチャー

軟床義歯

入れ歯の内面が柔らかい素材でできているのが特徴です。
顎堤が細く痛みが出やすい方にオススメです。