入れ歯の治療について

当院が大切にしていること

患者さんとの対話

入れ歯の治療に限ったことではありませんが、入れ歯の治療に置いて患者さんとの対話はとても大切です。入れ歯を装着して違和感があるか、痛みを感じるかは炎症が起きていない限り、患者さんにしかわかりません。患者さんの主観に左右される要素が入れ歯の治療では大きいため、当院では患者さんとの対話を重ねながら、違和感などがあれば都度調整するようにしています。

歯科医院でのメンテナンス

入れ歯を入れたからといって、すぐに自分の口の中に合うわけではありません。入れ歯の受け皿となる口の粘膜、入れ歯を動かす筋肉やあごの骨、残っている歯との調和などを注意深く見守っていく必要があります。

 

当院は入れ歯の治療において患者さんとの対話を大切にしていますが、患者さんご自身も定期的に歯科医院にご来院いただき、プロに診てもらう必要があることを知っていただきたく思います。歯科医師による入念な調整なしには、良い入れ歯は完成しません。

患者さん自身のセルフケア

入れ歯もブラッシングが大切です。

 

残っている歯をこれ以上悪くしないために、また、細菌感染による病気を防ぐためにも、残っている歯のブラッシングはもちろん、入れ歯も丁寧に磨くようにしましょう。総入れ歯の場合は、口の中全体を清潔にする必要があります。入れ歯を装用していると、食べたものに対する感触が低下してしまうので、口の中に食べかすが残りやすくなってしまうのです。

 

うがいも十分に行うようにしましょう。毛先の柔らかい歯ブラシを使い、歯肉をマッサージすることもお勧めします。

部分入れ歯について

部分入れ歯とは、口の中の一部の歯を失った場合に行う入れ歯です。健康保険が適用されるものと適用されない自費のものがあります。

部分入れ歯の種類

健康保険が適用される入れ歯

健康保険が適用される部分入れ歯は、クラスプと呼ばれる金属の留め具を隣の歯に引っ掛けることで入れ歯を支えます。比較的に費用が低く、短期間で作ることができます。

健康保険が適用されない自費の入れ歯

1.審美と機能に優れたノンクラスプデンチャー

クラスプを使用しない部分入れ歯です。歯茎に近いピンク色のプラスチックで入れ歯を支えます。見た目が良く、機能面も優れている入れ歯です。

クラスプを使用しない部分入れ歯です。歯茎に近いピンク色のプラスチックで入れ歯を支えます。見た目が良く、機能面も優れている入れ歯です。

総入れ歯について

総入れ歯とは、上あごと下あごのいずれかのすべての歯、または上下を含めてすべての歯を失った場合に行う入れ歯です。部分入れ歯とは違って入れ歯を支える歯がないため、入れ歯に付いた床(しょう)をお口の中の粘膜にくっつけることで機能させます。

総入れ歯の種類

健康保険が適用される入れ歯

床の素材が歯科用のプラスチック(レジン)でできています。自費の総入れ歯に比べて費用が低く、修理も行いやすいです。その一方、床が厚くなってしまうため、違和感や痛みを感じやすく、耐久性がさほど高くないといった短所もあります。

健康保険が適用されない自費の入れ歯

違和感の少ない金属床義歯

床の素材が金属でできている総入れ歯です。金属は薄く伸ばしやすい特徴があるため、床の厚みを減らせられます。結果的に装用時の違和感や痛みが軽減します。熱伝導性が高いため、食べ物の温度を感じやすいことも利点の一つです。

 

金属の種類としては、上記のメリットがあるコバルトクロム、コバルトクロムの機能を備えつつ、さらに軽いという長所を持つチタンがあります。

コバルトクロム床

支えとなる床が金属(コバルトクロム)でできており、通常の義歯よりうすいので、違和感が少ないです。
熱伝導性がありお食事をよりおいしく感じられます。

チタン床

コバルトクロム床と同様の高い装用感が得られますが、チタン床は軽さも備えており、より快適にお使いいただけます。

入れ歯はいれてからが大事です

入れ歯を入れたからといって、すぐに自分の口の中に合って不便なく食べられるようになるわけではありません。

口の中に入れ歯という異物が入ってきたわけですがから、入れ歯を受け入れる周囲の口の粘膜だけではなく、入れ歯を動かす筋肉やあごの骨、残っている歯との調和がとれるかどうか、注意深く見守っていかなければなりません。

そのため、数日後、数週間後、数ヵ月後と時期を選んで、歯科医による点検が必要です。歯科医による入念な調整なしには、良い入れ歯は完成しません。

入れ歯は虫歯にならない?

入れ歯は虫歯にならないと安心していませんか?

虫歯にはなりませんが、入れ歯もブラッシングが大切です。

 

残っている歯をこれ以上悪くしないために、また、細菌の感染による病気を防ぐためにも、残っている歯のブラッシングはもちろんのこと、入れ歯も念入りにブラッシングする必要があります。 総入れ歯の歯の場合も、入れ歯だけでなく、口の中も清潔にする必要があります。

 

入れ歯では、食べたものに対する感触が低下してしまうので、口の中に食べかすが残りやすくなります。

 

うがいを十分にしてください。また、柔らかい歯ブラシを使って、歯肉をマッサージするのもよいでしょう。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯の事でお悩みがございましたら、アップル歯科クリニックまでご相談ください。

  • 03-5761-5566
  • tel_03-5761-5566.png