小児歯科

小さなころから歯科医院に通う大切さ

歯科医院に慣れることで治療が進みやすくなります

当院では、お子さまが小さなころから歯科医院に通うことが大切だと考えています。お口の中に異常ができていない段階から通うことで歯科医院に慣れることができ、虫歯をはじめ何らかの異常が見つかったときにもスムーズに治療を行うことができます。また、お子さまに合ったブラッシングなど、歯を健康に保つ方法をお母さまに事前にお伝えすることもできます。

 

歯科医院に訪れる目安としては、乳歯が生え揃う2、3歳ころが良いでしょう。

当院における小児歯科

小児歯科診療はすべて院長が対応しています

当院には同じビル内に小児科が入っていることもあり、子連れのお母さまが多く来院されます。院長は日本大学の小児歯科の出身であり、小児歯科診療は力を入れている分野の一つです。小児歯科治療は必ず院長が行っており、在籍する他の歯科医師が診療することはありません。

お子さまへの治療で心がけていること

お子さまにも一人の人間として向き合います

お子さまであっても、意思疎通を図れる年齢であればお口の状態や治療のことをしっかりとご説明するようにしています。子どものころから歯の健康に対して関心を持ってもらいたいですし、小さな子どもでも歯科医師やスタッフの姿勢をよく見ているものです。

 

子どもであっても、あくまでも一人の人として接することを当院では心がけています。

ご褒美について

当院ではお子さまの診療が終わった後、治療を頑張って受けてくれたご褒美として、消しゴムやおもちゃなどをプレゼントしています。喜んでくれるお子さまも多く、中にはご褒美を楽しみに来院される子もいます。

小児矯正について

成長を利用して、永久歯がきれいに生えるスペースを確保します

当院ではお子さまへの矯正治療(小児矯正)も行っています。矯正の専門医である勝見聡子先生が月に4回、診療しています。

 

矯正治療は骨が軟らかく、あごの位置(顎位)が確定していない子どものころから行うことをお勧めしています。成人矯正に比べて治療がスムーズに進みやすいためです。また、望ましいあごの位置に誘導しないまま成長すると、詰め物や被せ物が外れやすくなったり、歯周病が進みやすくなったりとさまざまな弊害が出るおそれもあります。

 

小児矯正では、お子さまの成長を上手に利用してあごの大きさを誘導することで、永久歯がきれいに生えるスペースを確保します。永久歯がきれいに並ぶことで見映えが良くなることはもちろん、ブラッシングもしやすくなるため、結果的として将来の治療回数を減らすこともできるのです。

ご褒美について

当院ではお子さまの診療が終わった後、治療を頑張って受けてくれたご褒美として、消しゴムやおもちゃなどをプレゼントしています。喜んでくれるお子さまも多く、中にはご褒美を楽しみに来院される子もいます。

妊婦の方へ

出産の前に、お口をきれいにしておくことが大切です

妊婦の方の中には、妊娠中に歯科治療を受けることに抵抗感のある人もいらっしゃるのではないでしょうか。当院が使っているレントゲンは、人体に影響の出ない低線量を照射するもので、投薬などにも十分に気を配っています。どうぞ安心してご来院ください。

 

虫歯の原因菌は母から子に感染することが多いことで知られています。出産の前に虫歯や歯周病などを治療し、お口の中をきれいにしておくことが大切です。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯の事でお悩みがございましたら、アップル歯科クリニックまでご相談ください。

  • 03-5761-5566
  • tel_03-5761-5566.png