狛江の歯科、歯医者ならアップル歯科にお任せください。
HOME>インプラント

インプラント埋入手順

インプラント埋入手術の手順

手術は特別な場合を覗いて、局所麻酔のもとに行ないます。 言わば歯を抜く時と同じと思って下さい。 ほとんどいたくありません。 局所麻酔が切れる時、痛みが出たら鎮痛剤を服用していただきます。 もし不安や恐怖心がありましたら、術前に精神鎮静療法を受けることも可能です。

2回法手術

これは基本的な手術法です。
インプラントを顎に埋入したのち、歯肉で完全に覆い、インプラントと骨との結合する期間を待って、2回目に歯肉からインプラント丈夫を露出する方法です。
2回法手術

2回法埋入手術(ツーピース・インプラント適用)

2回法手術とは、フィクスチャーとアバットメントが別々になったツーピース・インプラントを1回目の手術でフィクスチャーを骨に埋入し、完全に歯肉で覆います。それの後、オステオインテグレーションが獲得された時点で、2回目の手術でフィクスチャーの上部ネジを外し、アバットメントを取り付けます。

2回法埋入手術(ツーピース・インプラント適用)